飲食店を開業するには 中卒就職への道

飲食店を開業するには

■飲食店経営に必要なもの

飲食店経営は、最も身近で学歴に関係なく起業できるビジネスの代表ではないでしょうか。

飲食店経営といっても、ラーメン店、そば・うどん屋、定食屋、パン屋、居酒屋、スナック、バーなどちょっと考えただけでも沢山思い浮かびます。

どの飲食店経営を目指すかは自由ですので、あなたが最も興味がある、好きな分野を選ぶのが良いと思います。
何事も好きじゃないと続きませんし、お客さんあっての飲食店ですから、お客さんのニーズに応えるためには好きなことをやるのが一番だと思います。

どの種類の飲食店を選ぶかは自由ですが、共通していえるのは飲食店を開業するためには、それなりのノウハウ、腕(味)も必要になってきます。

お金を頂いて料理を提供する限り、マズイ物をお客様へ提供するわけにはいきません。
はじめは素人で0からのスタートであっても、それは店側の事情でお客様には全く関係ありません。
ですから、飲食店をオープンするにあたっては、まずお客様へ満足していただける料理を提供する腕が必要になってくるでしょう。

さらに経営となると味だけではなく、経営者としてのノウハウも必要となってきます。
簡単に言うと「お金の管理」です。

美味しい味を提供できる腕があっても、最低限の経営能力がないと資金繰りに失敗し、せっかくオープンさせたお店も最悪の場合は「閉店ガラガラ」という結果になってしまう可能性もあります。

ですから、飲食店を開業するにあたっては、「料理の腕」と「最低限の経営ノウハウ」を学ぶことが大切でしょう。

■飲食店経営を学ぶには

では、どこで料理の腕と経営ノウハウを学べば良いでしょう?

方法はいくつか考えられます。

@既存の飲食店に弟子入りする。

既存の飲食店に弟子入りする方法は、料理人となるためのお最もオーソドックスな方法ではないでしょうか?
よくテレビのドキュメント番組やドラマなどで見かけるパターンですね。
一人前の料理人になるために、先輩料理人(師匠)に弟子入りし、はじめは安い給料ながら腕を磨いていくパターンです。
後に腕を上げていくと、そのお店の料理長になったり、のれん分けを受け独立することが可能になります。
このパターンは本格的料理人を目指すパターンですので、長い年月を経て独立することになります。
経営重視というより、技術者料理人を目指すパターンです。

A専門学校や養成スクールなどで学ぶ。

こちらのパターンはスクールでノウハウを学ぶことになります。
前者の弟子入りの場合は安いながらも給料をもらいながら長期間をかけて学びますが、こちらの場合はお金を払って学ぶことになりますが、短期間でノウハウを得ることができます。
どちらかというと、独立してすぐに開業したい人にとってはこちらのほうが近道でしょう。


うどん店開業を目指すならプロ養成 「さぬきうどん学校

「e-さぬきうどん学校 通信講座コース」も開始

新規開業情報満載・失敗しない店作りノウハウなど今すぐアクセス

「知って得する! 麺繁盛店のHowTo情報」 発信中


posted by 中卒就職への道 at 11:37 | 中卒からの開業・起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。