エアロビックインストラクター 中卒就職への道

エアロビックインストラクター

■エアロビックインストラクターとは

エアロビックエクササイズインストラクター(以下エアロビックインストラクターと呼びます)はエアロビックダンスの指導員です。A.D.Iとも呼ばれます。
エアロビックダンスとは、有酸素運動を目的とし音楽に合わせて運動(ダンス)する健康法です。
エアロビックインストラクターはエアロビックダンスにおいて知っておかなければならない理論、実技、知識を認定した資格です。
エアロビックインストラクターの仕事は、スポーツジムなどに就職し会員さんに指導することが主になります。
学歴に関係なく取得できる資格で、体を動かすことが好きな人には向いていると思います。
合格率は例年約60〜70%となっています。


■エアロビックインストラクターの受験資格

18歳以上で、エアロビックインストラクターを目指す者なら、性別、学歴に関係なく誰でも受験できます。


■エアロビックインストラクターの受験内容

【学科試験】
マークシート(5肢択一)方式の筆記試験

【実技試験】
第1部
1人2分間ずつ、与えられた課題に沿ってエアロビクス(有酸素運動)をプログラムし、リードする。
課題は、エアロビック・ウォームアップ(徐々に心拍数を上げていく動き)またはエアロビック・クールダウン(徐々に心拍数を下げていく動き)で採点されます。
採点ポイントは、
@課題に適応した安全で効果的なプログラムが構成できているか
A的確に指導できているか
B本人が正しく動き、リードがとれているか  
など

第2部
正しいエクササイズの選択能力をみるため、一人ずつ与えられた筋の強化エクササイズとストレッチの指導を行います。


posted by 中卒就職への道 at 17:13 | 中卒でも取れる資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。